製造業の求人にはどのような種類があるか

一口に製造業の求人と言っても種類は様々で、設計・開発・生産管理・品質管理のような製造の中枢に関わってくるもの、組立・溶接・板金・塗装といった実際に自分で作業してモノを作っていくもの、梱包・仕分けなど物流に関わってくるものなど、その範囲は実に幅広くなっています。設計・開発などは専門的な知識や経験なども必要になってくるため、求人でもある程度の学歴または経験年数を条件に入れているケースも多く見られます。

組立・溶接・板金・塗装などは実際の実務経験がある人を優遇しているケースもありますが、若年層であれば未経験でも働きながら経験を積んでもらおうと考えている企業も多いようです。

製造業の求人についての総合情報ポータルサイトです。

梱包・仕分けなど物流に関わる求人は、未経験でもある程度仕事を覚えてもらえればできる作業もあるため、アルバイトで募集しているところもあります。製造業では派遣会社もよく利用されています。

NAVERまとめが最近こちらで話題になりました。

製造業は受注によって仕事の増減があるため、期間限定で人手が欲しい企業は、派遣会社を通して求人を出していることがあります。

労働人口が減少している昨今、技術や経験を持っている人材を確保することは容易ではありません。

そのため、企業は自社だけで求人を出すだけでなく、様々なところを通して良い人材を確保するための努力を行っているのです。

逆に言えば、仕事を探している人にとっては売り手市場となるわけで、たとえ経験が乏しくても製造業での仕事を希望しているのであれば、手に職を付けながら収入も得られるチャンスとも言えるでしょう。