カンボジアの外国人研修生の特質

開発途上国等においては、先進国の進んだ技術や知識、技能を習得して、自国の経済発展、産業振興の場面において活躍してもらいたいというニーズがあります。

この技術や知識、技能を外国人研修生に対して提供することについて日本においても対応しています。

それが外国人技能実習制度です。


この制度によると最長3年間、外国人研修生が雇用関係という法律関係の下で、実習先の企業等において技術、知識、技能の習得に励みます。

カンボジアの外国人研修生の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

また、日本側の事情からすると建設業や医療看護等の人材が不足している分野がありますので、その分野において研修してもらい実質的に人手不足を補うという効果もあります。



ですが、基本的には国際貢献の観点から日本の技術等を外国人研修生に伝達するというのが主たる目的です。

このような制度を活用して、日本に来る外国人として、従前はフィリピンやインドネシアの方が多かったのですが、昨今はカンボジアの方が多く研修に来られるようになりました。



これは、他国に比べてカンボジアがまだ発展途上であるという事情があるのですが、このカンボジアの方については、勤勉でもくもくと働く気質を持っていることや、受け入れ前の研修において、日本語や日本で暮らすマナーなどを身に着けて来日されるので、日本における研修先においてもスムーズに受け入れられている実態があります。


外国人研修生受け入れを検討されている場合には、カンボジアの研修生のこのような特質を考慮して受け入れられるとよいでしょう。