カンボジアからの外国人研修生について

カンボジアといえばアンコールワットなどの世界遺産以外にも非常に多くの遺跡が保存されている神秘的な国です。

日本との関係性も深く古くから貿易をとおして盛んに交流が行われてきました。
カンボジアの国民性といえば仏教徒がほとんどを占めていることから協調性と温和な性格の人が多くなっています。


そのため日本と共通した面も多くあり目上の人を大事にする傾向が強くあります。
そんなカンボジアではこれまでに多くの外国人研修生が日本に来日して様々な産業のなかで知識と技術を獲得するべく頑張っています。

カンボジアの外国人研修生についての知識を高めてもらうためのサイトです。

外国人研修生とは母国の経済発展のために日本で最長3年間工場などで勤務することをいいます。



日本の最先端の産業技術を学びゆくゆくは母国に帰国しそれらの技術を生かしていく国際貢献の一環です。

現在ではカンボジアからの外国人研修生は中国と並びトップクラスの人材交流が盛んに行われています。



真面目で勤勉な国民性は日本人スタッフとも協調しやすく生産性の向上など良い発展をもたらしてくれています。
また企業や工場側としても将来の海外進出に備えて現地のリーダー候補を育成することができることや労働力不足の解消といったメリットがあります。


外国人研修生としてカンボジアから日本に来日後もスムーズに日本での生活を送ることができるように日本の文化や言語を学んでから来日するため安心して働くことができます。さらには現地の送り出し機関が日本での生活面のサポートを行ってくれるのも安心です。